2015年03月11日

「東日本大震災 復興支援金」のご報告

東日本大震災により、お亡くなりになられた方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

2015年3月11日(水)で東日本大震災から4年がたちます。復興はすすみつつありますが、住宅再建のめどが立たず、いまだに仮設住宅や公費で借り上げた民間賃貸住宅などで避難生活を強いられている方もいらっしゃいます。また、原発事故による汚染された廃棄物の処理問題は停滞したままです。

コープCSネットでは、「復興支援金」として、

2011年度 18,669,762円

2012年度 22,364,261円

2013年度 18,024,175円

を被災された生協やメーカー・生産者、支援団体にお届けしました。

2014年度の「復興支援金」は、中国地区四国地区会員生協組合員の皆様のご協力により、下記の金額となりました。

積立金総額 15,484,916円

集まった積立金は、中国地区四国地区9会員生協に振り分けます。2014年度の復興支援金の用途(復興支援団体への援助、被災者とのつながり応援や、被災地の産業復興の為の販売支援など)は、会員生協で決定されます。

 2015年度につきましても、コープCSネットでは引き続き支援を行って参ります。

「想いを届けよう! 東日本へ」



ページの先頭へ