2014年04月21日

2013年度「もずく基金」贈呈式を開催しました。

☆日程
2014年4月21日(月)

☆参加生協
鳥取県生協、生協しまね、おかやまコープ、生協ひろしま、コープやまぐち、コープかがわ

☆贈呈式
「もずく基金」贈呈式を4月21日(月)に沖縄県恩納村役場で開催しました。
2013年度は「もずく基金」を中心とした総額1,909,416円を恩納村漁協に贈呈されました。
贈呈式には中国四国地区6会員生協役職員、組合員理事、組合員リーダー、恩納村 志喜屋村長、恩納村漁協 山城代表組合長、及びコープおきなわ山本理事長にもご参加いただきました。(参加者合計36名)
なお、2013年度の「もずく基金」で約680本のサンゴの植え付けを予定しています。

140421_p1.jpg

 

☆挨拶(サンゴ礁再生事業支援協議会総会より)
・コープCSネット三橋理事長から、昨年サンゴ産卵の話を聞いて大変うれしかった想いがあり、今後5月のサンゴ産卵時期に海が産卵でピンク色になる所を是非とも見たいものですとありました。また、今後とも一緒に取り組みを広げていきましょうと決意表明がありました。
・恩納村 志喜屋村長からご協力のお礼と恩納村にとって"もずくを販売出来ること"また、サンゴ再生が進むことは有意義な事業であり、恩納村のすばらしさを実感いただければと話がありました。
・コープおきなわ 山本理事長から歓迎と感謝の言葉があり、生協の役割として行政や漁協、農協、地域とのつながりを大切にしていき、一緒に人、物、地域づくりをしていきたいと話がありました。


ページの先頭へ