2012年08月14日

2011年「もずく基金」産地見学・生産者交流会を開催しました。

☆日程
2011年8月24日(水曜)~8月26日(金曜)

☆参加者
鳥取県生協・生協しまね・おかやまコープ・生協ひろしま・コープやまぐち・コープかがわ、親子18組
上記会員生協役職員及びコープCSネット職員

☆目的
コープCSネットでは、恩納村漁業協同組合が取り組む"里海づくり"サンゴ礁の海を守り育む活動に会員生協(鳥取県生 活協同組合・生活協同組合しまね・生活協同組合おかやまコープ・生活協同組合ひろしま・生活協同組合コープやまぐち)と共に取り組んでいます。今年度から は、生活協同組合コープかがわも加わり、共感の和がさらに広がっています。
夏の企画では、親子による参加で沖縄の海の状況を知り、恩納村漁協がすすめる里海づくり活動を中心に次世代につなげる取り組みとして産地交流会を進めていきます。

☆行程と内容報告

1日目:8月24日(水)

(1)恩納村漁協にて、
"里海づくり"の学習
(2)グラスボートで
サンゴ養殖現場の視察
(3)サンゴ養殖施設での
移植体験
(4)恩納村の海を体験
(子ども)
(5)夕食交流会で恩納村漁協、
恩納村、会員生協の
組合員さんが交流

2日目:8月25日(木)

(1)干潟の学習会
(2)恩納村ふれあい体験学習センター
(沖縄家庭料理体験&琉球ガラスうるし絵付け)

3日目:8月26日(金)

(1)平和学習
糸数のアブチラガマ・
ひめゆり平和資料館
(2)国際通り~コープおろく

まとめ
「もずく基金」産地見学・生産者交流会を通して自然の大切さやサンゴ礁ともずくの繋がりを学習しました。
生産者を始めとして多くの人との交流を通じて、親子で理解を深め共感を広げることができました。
また、沖縄の歴史や文化、沖縄の現在と過去を3日間ではありますが、参加者の親子18組が共有出来た事は貴重な時間であったと考えます。
恩納村漁業協同組合さんや(株)井ゲタ竹内さん、会員生協の職員の方々、そして参加いただいた会員生協の組合員さん親子のご協力があってこそ50名もの団体が大きなトラブルもなく産地見学・生産者交流会を終了することが出来ました。ありがとうございました。


ページの先頭へ