おいしいめし毎週月曜日本テレビで放映中

動画一覧へ戻る

放映日:2017年3月20日

鯛の出し茶漬け焼味噌風味/鯛とわけぎのぬた

時間:鯛の出し茶漬けは冷蔵時間除いて約16分/ぬたは冷蔵時間除いて約14分

カロリー:鯛の出し茶漬けは338kcal/ぬたは117kcal

材料(各2人分)

■鯛の出し茶漬け焼味噌風味 2人分<冷蔵時間除いて約16分、338kcal>
シマヤだしの素粉末 小さじ1/4
広島県産大豆使用あわせみそ 大さじ2
鯛刺身用 50g
A 白すりごま 小さじ1と1/2
砂糖 小さじ1/3
B シマヤだしの素粉末 小さじ1
しょうゆ 少々
ご飯 小丼2杯分
青ねぎ(小口切り) 適量
白すりごま 適量
C 塩昆布・ゆずこしょう・焼きのり 各適宜
お好みの漬物 適宜
■鯛とわけぎのぬた 2人分<冷蔵時間除いて約14分、117kcal>
シマヤだしの素粉末 小さじ1/4
広島県産大豆使用あわせみそ 大さじ2
鯛刺身用 60g
わけぎ 1束
A 砂糖・酢 各大さじ1
練からし 少々
赤たで 適宜

作り方 ポイント
■鯛の出し茶漬け焼味噌風味
鯛は小さな角切りにし、だしの素を振って冷蔵庫で約30分なじませる。
<ここがプロの技>
だしの素をなじませることで鯛の水分が抜け、下味もつきます。
あわせみそ・Aをよく混ぜ、1を加えて更に混ぜ合わせる。
木ベラ2つにホイルを巻いて半量ずつ2を薄く広げ、ガスコンロで焦げ目が付くまで強火で焼く。
<ここがプロの技>
ガスコンロの代わりにトースターやガスバーナーを使って焼いても良いです。
鍋にB・水1と1/2カップを入れて中火にかけ、ひと煮立ちさせる。
ご飯をよそった茶碗に3を入れて4をかけ、青ねぎ・白ごまを振ってCをのせる。
お好みの漬物を添える。
<ここがプロの技>
塩分の代わりにだしのうまみを効かせた料理です。
■鯛とわけぎのぬた
鯛はそぎ切りにし、だしの素を振ってなじませる。
わけぎは根を切って輪ゴムでまとめ、沸騰した湯で根元からゆでてザルにとり、丘上げして粗熱をとる。
2にだしの素(分量外)を振り、手でしごいてぬめりをとる。
約3cm長さに切り、冷蔵庫で約20分冷やす。
1を広げて3をのせ、手前から巻いて器に盛る。
あわせみそ・Aを混ぜ合わせて4にかけ、赤たでをのせる。
<ここがプロの技>
からしの代わりにマヨネーズを使ってもおいしくいただけます。
関連サイト

株式会社ますやみそ

株式会社シマヤ

ページの先頭へ