生活協同組合の概要とコープCSネット

生活協同組合(生協)とは

生協とは、くらしを豊かにしたいという組合員の願いを実現するためにみんなで話し合い、組合員自身が「出資」し、「利用」し、「運営」する協同組合です。

より安全で、より安心で、より安価な商品を購入するための事業として、地域生協においては主に宅配事業(共同購入・個別配送)、店舗事業、共済事業、福祉事業などの事業を行っています。

宅配事業(共同購入・個別配達)

毎週お届けする商品案内チラシから商品を注文いただき、毎週1回決まった曜日の指定場所に商品をお届けするシステムで、計画的にご購入いただけます。食料品から日用品まで1,200品目以上の商品を掲載している定期チラシと衣料品や大型家庭用品などを掲載した総合チラシなどを組み合わせて幅広い商品をご案内しています。ご利用に際しては、ご近所や職場等のグループ(班)単位にお届けする「共同購入」と、個人ごとに玄関先までお届けする「個別配達」などの選択をしていただけます。

コープCSネットとは

私たちコープCSネット(正式名称:生活協同組合連合会コープ中国四国事業連合)は、鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知の9つの地域生協が出資し事業運営をする事業連合です。
「組合員の心豊かなくらしと願いを実現する」ためには、商品を共同で仕入れ、開発することが重要です。一つひとつの生協ではできなかったことを実現するために、中国四国の地域9生協が事業連帯した法人組織で、2005年10月にスタートしました。

【日本生協連とは】

「日本生活協同組合連合会」の略で、全国600の生協や事業連合などが加入する組織です。全国コープ商品の開発・供給・会員生協の事業および運営への指導的役割を担います。
日本生協連HPへ http://jccu.coop/

主な事業沿革

創立総会

生活協同組合連合会コープ中国四国事業連合(以下:コープCSネット)は、中国地区の5つの地域生協が、宅配事業において日本生協連全国共同開発商品の共同仕入を推進するために2002年に設立した「コープちゅうごく共同仕入会議(のちの「コープちゅうごく」)」が母体となっています。2005年10月にコープCSネットを設立するにあたっては、四国地区4生協とも協議を重ねました。コープCSネットは、中国四国の9つの地域生協が、出資し事業を運営する事業連合です。中国地区四国地区の地域性を大切にし、共同仕入や共同事業を通して中国四国9生協の組合員の暮らしに貢献しています。

2005年度

開発第1号
大山ヨーグルト

7月22日に創立総会及びレセプションを開催。厚生労働省中国四国厚生局より9月28日に設立許可を受け、10月3日から事業連合法人として設立しました。10月には、コープCSネット独自開発商品第1号「大山ヨーグルト」を開発しました。先行して中国地区四国地区で統一企画として展開していた商品案内チラシ「味彩」は、1周年を迎えました。

2006年度

チラシセットセンター

中国地区5生協の宅配事業において、4月1回から商品案内チラシ「食品第1媒体」の企画統一を開始しました。中国地区四国地区9生協の宅配事業においては、6種類の商品案内チラシ(食品「味彩」「ふぁみ〜ゆ(4月時点は8生協)」、非食品商品案内チラシ「雑貨通信」「おすすめBest」「キャロット」「Beam」)の企画統一を開始しました。商品案内チラシの個人別セットを中国地区5生協で統一して行うため、先行して中国地区3生協のチラシセットを開始しました。

2007年度

店舗事業(おかやまコープ・生協ひろしま・コープやまぐち・コープえひめの4生協)において、日配・ドライグロッサリー分野でNB商品の共同調達をスタートしました。後にコープかがわも参加し、5生協での取組みとなりました。
コープCSネット商品事業本部が、ISO9001の認証を取得(11月22日)しました。認証を受けた業務の範囲は、「生鮮食品、加工食品、非食品の商品開発及び供給業務」で、コープCSネットが供給するすべての商品分野です。

2008年度

10月 お取引先コンプライアンス窓口を開設しました。
11月 コープCSネット尾道ドライセットセンターの起工式を迎えました。

2009年度

第2次中計期間中に、より効果的な効率的な事業経営を確立するために、コープCSネットと各会員生協の「理念・ビジョン」を共有化するための論議を開始しました。

2010年度

尾道ドライセットセンター

4月 恩納村漁協里海づくりサンゴ礁再生事業に賛同し「もずく基金」をスタートしました。
5月 尾道ドライセットセンター(広島県尾道市)が本格稼働しました。

2011年度

組合員サービスセンター

中国地区5生協の組合員からの問合せ及び注文受付などを行う組合員サービスセンターを山口県山口市に開設しました。(中国地区5会員生協全体での本格稼動は2012年4月)
5月よりインターネット注文(eふれんず)を9会員生協で統一し、Webカタログでの受注機能や「おしゃべり広場」などコミュ二ケーション機能を強化しました。

2012年度

4月 組合員サービスセンター(山口県山口市)が本格稼動しました。
9月 尾道冷凍セットセンター(広島県尾道市)が本格稼動しました。

2013年度

4月 コープCSネットエコセンターの業務を担う子会社株式会社ハートコープおのみち(広島県尾道市)を設立しました。
7月 コープCSネットエコセンターが本格稼動しました。
8月 株式会社ハートコープおのみちが特例子会社として登録されました。

2014年度

「平和の折り鶴昇華再生事業」
合同記者会見

10月 平和記念公園(広島県広島市)の「原爆の子の像」などに寄贈される平和の折り鶴を再生原料として再商品化する事業「平和の折り鶴昇華再生事業」をスタートしました。

2015年度

コープCSネット
独自開発商品

10月 設立10周年を迎えました。

2016年度

2016年度新商品

組合員の声を
生かした商品

9月 組合員の声を生かした商品をリリース開始。
(2017年度4月現在 5商品)

生活協同組合連合会コープ中国四国事業連合(コープCSネット)

役員

理事長 小泉 信司 (常勤)
専務理事 塩道 琢也 (常勤)
常勤監事 佐川 昭文 (常勤)
顧問 三橋 幸夫 (非常勤)

理事:19名
監事:5名

ページの先頭へ