商品検査だより

コープCSネットでは、組合員さんが安心して利用できるよう、商品の品質を科学的に検証しています。
コープCSネット独自の開発商品をはじめ、新規取扱商品や、宅配事業(共同購入・個配)で組合員さんと同じように配送トラックで届けられた商品を検査し、食品衛生法などの法令や、自主基準に適合しているか確認します。
検査の結果は、商品の取扱をするかの判断や、生産・製造・流通過程での品質管理の改善に生かします。

このような検査を行っています

①微生物検査

食品でもっとも多い危害は、微生物による食中毒です。微生物による食品の腐敗などの品質劣化や食中毒を未然に防止するため、取扱品の微生物検査を行っています。衛生的に製造されているか、流通過程に問題がないか確認しています。

培地に微生物を育てて、菌数を確認しています。

②残留農薬検査

産直農産品を中心に、残留農薬検査を行っています。
コープとの約束通りに適切に農薬が使用されているか、食品衛生法などの基準が守られているか確認しています。

野菜を粉砕し、成分を抽出して機器分析を行います。

③ヒスタミンなど品質検査

赤身魚(加工品含む)のヒスタミン検査を行っています。
魚に生じたヒスタミンは、アレルギー様の症状がでる食中毒の原因になります。
食品のヒスタミンが問題ない範囲か確認しています。
また、その他にも品質に問題がないか検査しています。

④動物用医薬品検査

畜肉・養殖魚・たまごなどの動物用医薬品検査を行っています。動物用医薬品には、抗生物質、合成抗菌剤などがあり、家畜や養殖魚の疾病対策・生産向上などに使用されています。食品衛生法などの基準が守られているか確認しています。

⑤品種判定

お米の品種判定の検査を行っています。お米の品種が表示と一致しているか確認しています。

このようなものを検査します

産直品・開発商品

コープCSネットや各生協で開発する商品は、開発時の試作品や初回製造品の検査をしています。
発売後も定期的に検査して、安全性や品質が維持されているか確認します。

新商品

新たに取り扱う商品は、商品を企画する前に検査を行います。

宅配 配達品

宅配事業(共同購入・個配)で組合員さんと同じ流通経路を通った商品を検査しています。

◆コープCSネット商品検査室、やまぐち食の安心・安全研究センター(コープやまぐち)、おかやまコープ商品検査室をはじめ、日本生協連や他事業連合の検査施設と協力し検査しています。

ページの先頭へ