人気商品のヒミツ

vol.23

「人気商品のヒミツ」ではコープCSネット開発商品・コープ人気商品を紹介しています。

中四国共同開発商品 毎日食パン
この方に伺いました!

山崎製パン(株)広島工場食パン課 野村啓敏さん

この「毎日食パン」は製法を見直し、小麦本来の香りと自然な甘みをひきだしました。キメが細かく焼かずに食べればしっとり柔らかい、焼いて食べれば外はサックリ中はもちもち食感。生まれ変わった毎日食パンを是非お召し上がり下さい。

商品特長

中四国共同開発商品
毎日食パン
5枚・6枚

商品見直しまでのストーリー

2006年にデビューし、多くの組合員さんから支持されてきたCO・OP毎日食パンですが、より組合員さんに愛される商品にするため、製法やメーカーを変更し2016年5月にデビューしました。

おすすめポイント

ふっくらもっちりした食感に

今回のリニューアルでは、新たに小麦粉の一部をお湯でこねて熟成させた「ゆごね生地※1」を配合。それに伴い、製法を「ストレート製法」(一度に全ての材料をこねる製法)から「中種法※2」という製法に変更しました。これにより、パンにキメの細かさが出て、やわらかく、もっちり・しっとり感がさらにアップした食パンになりました。

※1 ゆごね生地とは?
小麦粉に液糖や油脂を加えて温水でこねあげ、熟成させることで、小麦粉に含まれるでんぷんを糊化(α化)させた生地のこと。これをパン生地(中種)に加えることによって、もっちり、しっとりとした食感で甘みが高まるなどの特徴があります。

※2 中種法とは?
通常、ご家庭などではパンは一度に全ての材料を捏ねます(ストレート法)が、中種法はパン生地を作る前段階で、まず材料中の小麦粉、水、パン酵母を捏ねて約3〜4時間発酵させます。これを「中種」といいます。その後、この「中種」に"ゆごね生地"やマーガリン、食塩など残りの材料とミキシングしてさらに発酵させる製法です。きめ細かくボリュームのあるパンに焼き上がります。発酵時間も長くなるため、香り・風味が豊かになります。(日本酒やワインなどと同じで、発酵時間を長くすることで香りや旨みが引き出されます)
中種法はストレート法より時間と手間がかかりますが、生地にパサつき感が出るのも遅くなり、ソフトな食感が持続します。

毎日食べても飽きのこない味

これまでよりも若干甘みが感じられ、さらに風味もまろやかになりました。そのままやトーストしても美味しいのはもちろん、バター等をぬったり、サンドイッチ等でも美味しく召し上がれます。お子様からお年寄りまで家族みんなが毎日食べ続けられるおいしさです。

イーストフード不使用

食パンに使われる食品添加物も出来るだけ少ないよう工夫しました。イーストフードは不使用としました。

あらたくんの豆知識

Q 食パンの保存方法は?

あらたが答えるよ

パンは新鮮なほどおいしいので、おいしく食べるには出来るだけ早めに食べきりましょう。食べきれないときは、「冷凍」保存がおすすめです。食パンを1枚ずつラップでピタッとくるみ、密封性のあるフリーザー袋に入れて、なるべく空気を抜いて封をします。冷凍食パンを食べる時は、あらかじめ温めておいたトースターに凍ったままの食パンを入れて焼きます。このとき、トースターを温めておくのがコツ。トースターを温めていないと、トースターが温まるまでにパンの水分が蒸発してパサパサになり、おいしくなくなってしまいます。尚、冷蔵庫に保存すると、パサパサな食感になってしまいますのでご注意ください。


リニューアルの試作品を食べられた組合員さんの声

●そのまま食べてもトーストしてもおいしいです。(生協しまね 組合員さん)

●噛んだときにもっちりしていました。耳がおいしいですね。(生協ひろしま 組合員さん)

●生で食べるとしっとり甘みがあり美味しいです。トーストにするとモチモチ感がありました。(おかやまコープ 組合員さん)


2016年5月のリニューアル前に、コープCSネットの商品開発委員会に参加いただいている組合員さんに食べていただきました。
(商品開発委員会は、中国地区の5生協の組合員さんに参加頂いて、コープCSネットの独自開発商品を開発していく委員会です。)
組合員さんからは「あま〜い!」「しっとり感がある」「やわらかい!」「パンの耳が薄くて、焼いた時に食べやすい」といった声が聞かれ、大変好評でした。


リニューアル商品
トースト(左)・そのまま(右)


食パンを試食しながら
製造メーカーさんと交流しました


食パンを試食する組合員理事さん
(中国5生協)

ページの先頭へ