人気商品のヒミツ

vol.9

「人気商品のヒミツ」ではコープCSネット開発商品・コープ人気商品を紹介しています。

コープCSネット独自開発商品 お好みソース
この方に伺いました!

オタフクソース株式会社 中国営業二課 堀内晋也さん

たっぷりの野菜・果実と様々な香辛料が原料となっている「お好みソース」です。野菜やお肉との相性が抜群なので、お好み焼きはもちろん色々な料理にご使用いただけます。
中でもお勧めは、「簡単ハヤシライス」。牛こま切れ肉と薄切りにした玉ねぎを炒め、お好みでエリンギまたはマッシュルームを加えて、塩・こしょうで味を調えます。あとは、水と「お好みソース」を加えて煮込むだけ。コツはソースと水の割合。1:1にしてください。1人分で大体、ソース80cc、水80ccくらいです。とろみがつくまで中火で約5分煮込んだら出来上がり! ぜひ、一度お試しください!

商品特長

コープCSネット独自開発商品
お好みソース 500g

野菜と果実を30%配合したまろやかな味。デーツの奥深い甘みと、広島県産かきエキス使用でコクがありながら後味すっきりの広島発の「お好みソース」です。
オタフクソース株式会社との共同開発。

開発までの経緯・ストーリー

●2009年12月:コープCSネットブランドに一本化

コープやまぐちPB商品と生協ひろしまPB商品の「お好みソース」2品を統合して、グレード(おいしさ)アップを図りコープCSネット独自開発商品としてデビューしました。

●2014年4月:味・価格ともに見直しました

市場で支持の高い「オタフクNBソース」に近い仕様に変更し、味・価格ともによりお求めやすい商品に見直しました。

おすすめポイント

野菜と果実を全重量の30%以上使用。
(画像はイメージです)

野菜・お肉との相性バツグン

野菜・果実を30%使用することにより、煮込んだ時に野菜・果物のコクが出るようにしました。「お好みソース」の主原料はトマト、玉ねぎ、にんじん、デーツ、りんごなどの野菜や果実。独特の旨み、深いコクとまろやかさがあるから、お好み焼きだけでなくいろいろな料理(串カツ、カレー、肉じゃが、サバのソース煮など)との相性がとても良いのです。

めぐみの果実「デーツ」を使用

「お好みソース」のこだわり原材料、デーツ。デーツとは「なつめやし」の実です。砂漠のオアシスに自生する果実で、中近東諸国の厳しい自然環境で古くから人々の健康を支えてきました。鉄分、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラル類、食物繊維、ビタミン類などが豊富に含まれています。デーツは、「コープCSネット お好みソース」に欠かせない原料の一つで、デーツを加えることで奥深い甘みを出しています。

製造委託先はお馴染の「オタフクソース株式会社」

確かな品質で安全・安心を

製造委託先はお馴染の「オタフクソース株式会社」。広島県三原市で作られた醸造酢が原材料の「お好みソース」。デーツをはじめとする野菜果実は原材料の品質を確かめるために社員が世界各国の畑を直接訪問し、安全安心な原材料だけを使用しています。工場では衛生管理を徹底し、品質を確認する検査を行ってます。製品を詰める前の検査や、容器に入った後の抜き取り検査などでチェックを行ない、確かな商品をお届けしています。

担当者のおすすめ

「お好みソース」は食物繊維の多い野菜や果実を使っています。とろみ、甘味、旨みの3拍子が揃い、お好み焼きによく合います。

開発時に、試作品でお試し評価いただきました(モニター:会員中国5生協、850名の組合員さん)

おいしさについて、「おいしい」と「まあまあおいしい」で78.0%の評価をいただき発売が決定しました。

  • 何にでも合う味わいだと感じました(鳥取県生協の組合員さん)
  • カレー、ミートソース、スパゲッティーなどに入れてみました。旨みが増すように思えます(生協しまねの組合員さん)
  • マイルドな味で幼児からお年寄りまで喜ばれると思う(おかやまコープの組合員さん)
  • まろやかで美味しかった(生協ひろしまの組合員さん)
  • オタフクお好みソースの味に近いものがあり、大変好評でした(コープやまぐちの組合員さん)

あらたくんの豆知識

製造委託先のオタフクソース株式会社では、食育を通じてお好み焼文化の普及にも取り組んでいます!

あらたが答えるよ

親子でクッキング

コープCSネットホームページ『食べるたいせつ 親子でクッキング!!』で、夏休み・冬休みに毎年開催している親子で取り組んだクッキングチャレンジがご覧いただけます。
「お好み焼館WoodEggに、やって来ました」ではお好み焼のポイントレシピや親子での料理教室参加の楽しさをお伝えしています。オタフクソース株式会社では、食育を通じてお好み焼文化の普及にも取り組んでいます。


「お好みソース」のアレンジでわが家の味を・・・

あらたが答えるよ

ページの先頭へ