人気商品のヒミツ

vol.2

「人気商品のヒミツ」ではコープCSネット開発商品・コープ人気商品を紹介しています。

コープCSネット独自開発商品大山ヨーグルト
この方に伺いました!

大山乳業農業協同組合 販売部 岡田優香さん

2005年発売当初より多くの組合員様にご利用いただいております。食べやすい口当たりで、是非毎日続けて食べていただきたい商品です!来年で10年の節目を迎えますが、これからも皆様の健康のお手伝いができたらと思います。今までご利用いただいたことのない組合員様も、是非一度お試しください。

商品特長

コープCSネット独自開発商品
大山ヨーグルト
 70g×6

乳脂肪分2.0%/鳥取県産生乳を50%使用した、なめらかな食感のヨーグルト。さわやかな酸味とほどよい甘さに仕上げました。気軽に食べきれる70g入りです。

乳酸菌はブルガリクス菌、サーモフィルス菌を使用
最もスタンダードなタイプの乳酸菌「ブルガリクス菌」「サーモフィルス菌」を使用。クセガなく、どなたにも好まれる味わいになっています。

なめらかさと程よいかたさ
子供から大人まで幅広い利用層を想定し、小さい子供さんにも食べやすいように商品のなめらかさと固さを調整しています。

とっとり育ち(地産地消)商品です
コープCSネット独自開発商品で、主要原料が鳥取県産(地産地消)の商品に表示しています。

開発までの経緯・ストーリー

コープCSネット独自開発商品の第1号として誕生しました

●生産地のはっきりした生乳(鳥取県産)を50%配合した、ベーシックなハードタイプヨーグルトを組合員さんにもお求めやすい価格で・・・と、2005年10月にコープCSネット独自開発商品の第1号として「大山ヨーグルト」は誕生しました。途中、より組合員さんからの支持・継続利用をいただけるよう量目の変更等改良を行いつつ、誕生して以来、今も高い支持を得ている商品です。

●2010年2月には、ヨーグルトと相性がよい「いちごの果汁」を加えた家族みんなで楽しめる「大山ヨーグルト いちご」が姉妹品として開発されました。

おすすめポイント

大山の山麓に位置する大山乳業農業協同組合。全国でもまれな酪農家で組織された農協です。

限定された生乳を50%配合

製造工場は、鳥取県にある大山乳業農業協同組合の牛乳・ヨーグルト工場。鳥取県下の酪農家すべてが同農協の組合員であり、生乳産地を限定することが可能です。
この限定された生乳を50%配合し、乳本来の豊かなコクと風味が味わえるなめらかなヨーグルトに仕上げました。

「発酵」が味を左右します!

ヨーグルトは乳酸菌の力で少しずつ酸っぱくなりながら発酵していきます。いつも同じおいしさのヨーグルトをお届けするため、ほどよい酸味で発酵を止める必要があります。そのために酸味の進み方を細かく観察・測定して製造しています。

製造工程(容器にヨーグルトを充てん後、すぐにふたをします。このときはまだ38〜40℃の液体。)

「いちご味」も子供を中心に幅広く人気!

コープCSネット独自開発商品
大山ヨーグルトいちご
 70g×6
「大山ヨーグルト いちご」は、いちご果汁を1%使用し、甘酸っぱいいちごの香りがふわっと広がるやさしい味に仕上げた姉妹品。乳脂肪分1.8%、鳥取県産生乳を50%使用した家族みんなで楽しめるヨーグルトです。


あらたくんの豆知識

なぜ鳥取県産の生乳なの?

あらたが答えるよ

鳥取県産の生乳は…実は日本一なのです!何が日本一なのかというと、生乳中に含まれる体細胞の数が、日本一少ないのです。
体細胞とは、牛の白血球のようなもので、これが多いとえぐみが感じられ、つまりは美味しくないと感じます。体細胞数が日本一少ない鳥取県産の生乳はとても甘く感じられるのです。


組合員さんの声

●子供たちが気に入っています。価格もうれしいお手ごろ価格です。(鳥取県生協 組合員さん)
●大山ヨーグルトを長い間利用させてもらっています。口当たりも良く、味も気に入っています。(おかやまコープ 組合員さん)

ページの先頭へ